未婚ママの『幸せいっぱいこの指とまれ!』

『この指とまれ!』のポーズで生まれてきた娘が、たくさんの幸せを引き寄せ中です!

きっと君は憶えていないだろうけど…0歳の君へ

成人の日のニュースを見ていると、成人年齢が20歳から18歳になるのだとか…

子育てが18歳までとすると、もうすぐ生後6か月になるチビちゃんの子育ては、36分の1が終わってしまった事になります…えぇ~っ!そんなのママは寂しい!!

 

でも、チビちゃんには今までの記憶はないんですよね…。

 

 

最近ネットを賑わせた、0歳の記憶を持つ男性の話。 

大変興味深く拝読しました。

 

納得させられた事も。

 

育児書なんかに書かれてあるそれらしい説明よりも、自分が赤ちゃんの立場だったらどうなのか??を考えれば、もっと赤ちゃんに寄り添ったお世話が出来ると感じました。

 

 

顔を拭かれるのが嫌だったのは、タオルが時々臭かったから

うわっ!それありそう~!

とりあえず、今使っているタオルの臭いはこまめにチェック…!

 

 

夜泣きの原因が、着込み過ぎて頭が痒かったから

なるほど〜赤ちゃんだと痒い所を掻けないこともあるだろうなぁ~

 

でも、それって赤ちゃんをちゃんと観察していれば、推察できる事もあるかも知れませんね。

  

 

チビちゃんも、よく頭まわりを掻いています 

最近左耳をカキカキしていて、見ると耳たぶに掻いた痕のかさぶたが…

 

耳のお掃除は、毎晩お風呂の後に普通サイズの綿棒でささっとしているのですが、

昨日、寝かしつける際に頭を振ったり左耳を掻いていたので、赤ちゃん用の細い綿棒で丁寧に耳掃除をしてみると…

 

恍惚の表情を浮かべ、そのままスーッと寝ついたのでした…。

 

 

生後5か月にもなれば、赤ちゃんと言えども、きっといろんなことを感じて、考えて、表現しているのだと思います。

「きっとこんな事考えているんじゃないかな?」とか、

「今はこんな事を言おうとしたのかな?」とか。

こちらが色々推察して対応していますが、果たしてチビちゃんの要求に対するママの対応が、当たっているのか外れているのかはナゾです。

 

 

0歳の記憶を持つ男性の一番古い記憶は生後6か月の頃なのだそう。

チビちゃんもそろそろ短期の記憶が出来るようになってくる頃でしょうか。

 

少しずつ生活の中の事を覚えてきているな、と最近良く感じます。

椅子に座らせエプロンをかけたら「ごはんだ!」とか、

ママが抱っこ紐を持ってきたら「お出かけですか?」など、反応しているように思います。

 

ベビーサインを教え始めるのも、ちょうどこの頃からですものね。

 

でも、まだチビちゃんは長期の記憶は出来ないのですよね…

私だって、0歳の頃の記憶なんてないですもの(笑)

 

そう考えると、ちょっと切なくなってしまいました…

 

 

でも、ママがいっぱいいっぱい小さな君の事を憶えておくからね。

これまで一緒に過ごした日々の記録を、ちゃんと残しておくからね。

君は憶えていないだろうけど、今、ママは一生の宝物みたいな素敵な時間を君と過ごしているよ。

 

君がもう少し大きくなったら、君がお腹の中にいた頃の話や、生まれてきてくれた日の事や、君がどんな赤ちゃんだったかを話してあげるね。

 

 

もうすぐ生後6か月になるチビちゃん。

どうか健やかに育ちますように。

そして、これからも共に成長していけますように☆

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

車だけ、夕暮れ泣き!?

夕暮れ泣き、または黄昏泣きと言うのが赤ちゃんにありますよね。

一般的には生後2か月ごろが一番ひどく、5~6か月ごろには治まると言われています。

 

私の友人も、里帰り出産から家に戻ってきたころから、娘ちゃんの夕暮れ泣きが大変でしばらく参っていました。

 

ウチのチビちゃんに関してはあまりはっきりとした夕暮れ泣きは無かったように思います。ただ彼女の場合、眠たい時はきまってグズグズし始めます。

 

泣くのも、8割がた眠たい時です。

眠たいのに眠れない、赤ちゃん特有のお悩みですね(笑)

 

そういう時は、お布団で寝かせて添い寝か添え乳をするか、ベビーラックに乗せてゆらゆらすると、わりとすぐに寝てくれるます。

たまにですが、ぐずり倒して疲れて寝る事も…。

 

生後5か月のチビちゃん、今のところ日中に3~4回お昼寝のタイミングがあります。

午前中に1回、昼に1~2回、夕方に1回、といった感じです。 

家で眠たくて泣いている時は、とことんチビちゃんに付き合って寝かしつけています。

 

 

逆に出かけた時は頑張って起きていることが多いので、行き帰りの車で寝ていることが多いです。

 

車には、生後1か月を過ぎた頃から頻繁に乗せているので、チビちゃんも自分の都合では降りられない、構ってもらえない、という状況が良く分かっているようです。

「今は車に乗りたくない!」とグズっても、走り出すと黙って耐えて(?)います。そして、いつの間にか車の振動で眠たくなって寝てしまいます。

 

そんなわけで車は、例外なくチビちゃんにとっても、魔法の乗り物です。走り続けている限り、赤ちゃんを眠りに誘います。

 

 

ところが!!

夕方から夜にかけて車に乗せると、チビちゃんは火が付いたように泣き出します…!!

これは長時間のお出かけを始めた3か月ごろから続く現象です。

 

始めは偶然かなぁと思っていましたが、夕方外が暗くなってくるのが怖いようで、とにかく泣いて泣いて、車を降りるまでギャンギャンってことがしょっちゅうです(汗)(ちなみに家ではそんな様子はありません。照明をつけているからだと思います。)

 

 

最近ネットで話題になった「0歳の頃の記憶を持つ男性」の話でも、夜暗いところに連れていかれるのが怖くてパニックになっていた、というような記事を見かけましたが、チビちゃんもまさにパニックになっている感じです。

 

あるときは、ショッピングモールからの帰りに帰宅ラッシュにはまり、車に乗っていた1時間ずっと泣き続けました…。

授乳が間に合わなかったのかな?と思い、途中コンビニに車を止めて授乳してみましたが、再びチャイルドシートに乗せるとギャン泣きです…。

 

パニックになっていて、どうやって泣き止んだらいいのか本人にも分からなくなっている様子で、チャイルドシートに染み込むほどの汗をかいてしまった事もありました。

 

 

そんな事が何度かあったので、チビちゃんがあまり不安にならないように、夕方以降車で移動する機会はなるだけ少なくするようにしているのと、もし夕方から車に乗る場合は私が隣の座席に座るようにしています。

 

 

チビちゃんがもう少し大きくなれば自然と慣れてくれるのでは?と思いますが、日が長くてきたのが少し嬉しい今日この頃です。

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

※この内容はすべて個人の体験によるものです。

iPhoneのバッテリー交換に、AppleStoreへ行く!

生後5か月のチビちゃん。体重は7キロを超え、体力もだいぶついてきました。

 

寝返りや背這い、手足バタバタなど、動きも活発になってきて、筋力も強くなったと感じます。

 

相変わらずメガネハンターとの攻防が続いているのですが、手の器用さや握る力も増して、ハンターの技の切れ味も良くなってきており、ますます攻防が激化している日々です。

 

新調したばかりのメガネから、時々聞こえるいや~な音。

ピキって音しなかった??あ!またピキって音したよ!!

ツルの蝶番が「痛いっ!」と悲鳴を上げております。

 

メガネって、もしかして育児では消耗品?

コンタクトに戻した方が安くついたのでは…(涙)

メガネが壊れてしまう前に、コンタクト生活に一旦戻そうか検討中であります。

 

 

前置きが長くなりましたが… 

シンママなので、お金の問題には自然にシビアになる日々です。

 

 

コンタクト・メガネもそうですが、いわゆる「固定費」をいかに安く済ませるか?が重要なカギとなってきます。

 

「お金の優等生になろう!」をモットーに、一昨年ファイナンシャルプランナー2級を取得した私ですが、育児のもの要りには閉口しています。

 

もちろん格安スマホユーザーです。去年からは大規模な『楽天シフト』を行い、2年契約が終了した時点でUQモバイルから楽天モバイルに乗り換えました。

 

これで機種代がなくなり、通信費を「楽天ポイント」で一部支払い、通信費はかなり安くなりました。

 

ところが使用中のiPhoneも、2年を過ぎるとそろそろバッテリー用量が交換目安の80%に。

ノーベル化学賞リチウムイオン電池も、毎日使い倒されて充電器とセットで行動を共にしなければならなくなりました…。

 

そこでiPhoneの寿命を延ばすべく、AppleStoreでバッテリー交換をしてもらいました!

 

 

iPhoneのバッテリー交換は、探すと色々な所でやっています。

使っているのはiPhoneSEなのですが、安いところだと4,000円くらいからあるようです。

 

でも、保証の事とか、何か故障があった時の事を考えると、AppleStoreでやってもらった方が良いかなぁ~と思い、ネットでバッテリー交換の予約を入れました。

 

 

初めて行ったAppleStore…そこはお店と言うよりも、バーのような感じでした…!

チビちゃんをベビーカーに乗せて店内をウロウロしていましたが、まるで場違いな私たち…(汗)

 

商品のディスプレイはお店の端っこにちょこっと並んでいるだけで、あとはデモ機が並んだテーブルにお客さんとスタッフが1対1で話をしています。

スタッフも日本人だけでなく国際色豊かです。

 

お店の中央には、ワークショップをするためのスペースがあり、私が行った時は、iPad Pencilの紹介をしているようでした。

 

 

対応してくれるスタッフがやってくると、チビちゃんにも話しかけ、優しく対応してくれました。

 

バッテリー交換の前に、iPhoneの性能を診断されました。iPhoneさんの健康診断ですね(笑)

そしてデータのバックアップを取っているかしっかり聞かれました。

なんと、バッテリーが劣化していて膨張してしまっているケースでは、バッテリーを交換するのではなく、機種本体を交換することもあるのだそう…!!

しかも、本体の交換は、バッテリー交換と同じ価格でやってくれるのだそうです!!

 

45分後くらいに仕上がるとのことで、近くのデパートのベビールームで時間を潰しました。

 

その間スマホを持ち歩かないなんてちょっと変な感覚でしたが、約束の時間が来て、無事iPhoneのバッテリー交換が終了。

6,000円+税がかかりましたが、バッテリーの減りを気にする生活から解放されます!!

これでまた2年iPhoneの寿命が延びたと思えば安いものです。

 

最新機種の素晴らしい性能のカメラで、チビちゃんの写真を撮りまくりたいのは山々ですが…、無駄遣いは出来ません…。

 

でも今度はiPhoneじゃなくて、iPadが欲しくなってしまったママでした…。

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

※この内容はすべて個人の体験によるものです。

リサイクルショップで「バンボ」ベビーソファをゲット!

生後4か月の後半で、初めて寝返りが出来るようになったチビちゃん。

最初は左向きに、仰向けからうつ伏せに、「事故的」に出来ていた感じで、うつ伏せから仰向けになれず、泣いておられました。

その翌週には、見事うつ伏せから仰向けの技も習得!

 

寝返りの往路・復路が出来るようになりましたが、それでは動ける範囲はほんの少しでした。

それ以降もチビちゃんはひたすら寝返りの技を磨いており、すっかり背這いの練習は怠っております(笑)髪の毛温存できて良いんですがね♪

 

ここ1週間で、寝返りがさらに上達したチビちゃん。とうとう苦手だった右向きの寝返り往路・復路も克服し、「無限寝返りの技」にて部屋の中を転げまわるようになりました!

 

 

赤ちゃんの目覚ましい成長は、嬉しさ半面、「あ、もうこれで床には物を置けなくなったな」「あの座卓は頭をぶつける高さだな」という面倒臭い事態も引き起こします…

 

それも、過ぎてしまえばほんのわずかな期間なのでしょうが…。

 

 

でもこういう時、ワンオペ育児ママ、シンママには、時々深刻な問題を引き起こします。片時も目を離せない!赤ちゃんが起きている間はトイレにすら行くのが大変!なのですから…。困った、困った…。

 

 

チビちゃんは「寝返り」は自由自在に出来るようになりましたが、「ひとり座り」はまだ出来ません。

 

母子手帳の成長過程のグラフを見ると、「寝返り」と「ひとり座り」の間には約1か月程度のインターバルがあります。そして、「ひとり座り」が出来るようになると、すぐに「はいはい」が始まるようです!!

 

 

今のところ、ちょっとじっとしていて欲しい時に使うのが、ベビーチェアとベビーラックです。

ベビーラックはそろそろサイズアウトの予感なので、今後はベビーチェアがメインになってきそう。

最近台所で家事をしている時は、ベビーチェアに座って遊んでもらっています。

 

 

ところで、私たち親子は里帰り中なのですが、来週は自宅に一時帰宅する予定です。実家ではリビングのテーブルで食事していますが、自宅は狭小アパートのため小さな座卓が一つあるだけです…。

 

離乳食も始めてから1か月が経とうとしています。自宅用に、座卓で使えるベビーチェアが必要になりました…。

 

最近、離乳食グッズなど色々買い物が多かったので、今回はベビー用品専門のリサイクルショップを利用。

定価の半値ほどで「バンボ」ベビーソファをゲットしてきました!

 

これがあれば、ちょっとの間、チビちゃんの動きを封じておけるはず♪と思い座らせてみると、抜群の安定感でお座りが出来ます!!本人もちょっと嬉しそう♪

……というか、太もものフィット感がすごい!すでにピチピチ…。

 

う~ん、これ、いつまで使えるかなぁ??という感じです(汗)

適応年齢は3~14ヶ月となっていますが、早めにサイズアウトしちゃうんでしょうね…

 

 

ベビー用品は必要な物があっという間に不要になる、の連続ですね。

色々なグッズがあって、実際に使ってみなければ自分の赤ちゃんに合うかどうかも分からなかったりしますよね。

 

私の場合は、レンタルしたけどベビーベッドは完全に必要なかったです。

 

今回ゲットした「バンボ」は、リサイクルショップで購入したので、使わなくなったらリサイクルショップへお返ししようかな(笑)と思います。

 

近頃お風呂で使っているベビーチェアも、肩幅がサイズアウトしかかっているので、次どうしようか悩んでいるところであります…。

 

 

あ~、育児って、ほんとうに物が沢山必要ですねぇ~。

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

※この内容はすべて個人の体験によるものです。

 

生後5か月、夜まとまって寝てくれない!

年末年始の家族の移動を経て、生活環境がコロコロと変わったチビちゃん。

 

只今生後5か月ですが、夜まとまって寝てくれません(泣)

それどころか、最近は夜目を覚ます頻度が増え、ちょっとグズる事も…

 

産後から続く睡眠不足なのですが、ここ数日ちょっと応えています。

 

 

育児書やネット情報によると、そろそろ夜間断乳も出来るとか…

ですが、夜間目を覚ましてしまったチビちゃんを穏便に寝かしつけるには、今のところおっぱいに頼るしかない、非力なママです...

 

寝ついたチビちゃんの寝顔に一瞬だけ癒されて、速やかに自分も眠りに落ちる日々です。

 

夜間断乳なんて、程遠いよなぁ(笑)

 

 

子どもの夜泣きが始まるのは、生後6か月頃からなのだそうです。

その予兆だったらどうしよう、と戦々恐々としております。

 

また、乳歯が生え始める頃に「歯ぐずり」というものもあるらしいですね。

 

最近の傾向としては、9時前後に一度寝付いた後、11時過ぎに目を覚まします。

そのあとは2~3時、5~6時。そのたびに寝かしつけるために授乳しているので、なかなか授乳間隔もあかず、睡眠時間もこま切れです。

 

 

しょうがないので、午後は早めに夕飯の支度を済ませ、チビちゃんの昼寝に添い寝してしのいでいます。

 

 

育児って、その時その時に、色々な悩みが出ては消えていく、その連続なんですね。

寝不足も、チビちゃんがまとまって寝てくれるようになるまでの辛抱…

過ぎてしまえばきっと懐かしい思い出になる事でしょう。

 

どんな悩みも、笑って乗り越えられるようになりますように…☆

 

とりあえず、今晩はだいぶ遅くなってしまったのでおやすみなさい。

チビちゃんも、いい夢見てね…

 

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

ベビーサインに挑戦中!

生後5か月のチビちゃん。

色々な事に興味があり、ママに対する要求もバリエーションが増えてきました。

 

「おっぱい」、「ごはん」、「おむつ替え」、「お風呂」、「抱っこ」等々、毎日話しかける言葉もそろそろ覚えてきているかなぁ??

 

「おっぱい」を要求するとき(またはおっぱいを貰えるぞ!と察知した時)、チビちゃんは泣くのではなく、笑います!(笑)

 

チビちゃんが初めて笑い声をあげたのも生後2か月の頃、おっぱいの直前でした。ぐずっていた時におっぱいをあげようとした時、何の前触れもなく「フフフフ…」と笑いだしました。ちょっと不気味です(汗)

 

ぐずるのが先行していたのですが、最近は「フフフフ…」と笑い声でおっぱいを催促してくるようになり、ママが授乳クッションを持つとさらに笑います!

 

 

おっぱいタイムは、赤ちゃんの生活の中で、最大の楽しみなのでしょうね。

チビちゃんは離乳食を食べるのも上手で好きなようですが、おっぱいは不動の1位の様です。

 

喜びを表現する時、またはもっともっと!と催促するとき、手をダンダンと叩きつけるような仕草をしますが、おっぱいを飲んでいる時も、私の乳を叩いております(笑)

 

 

また、チビちゃんは抱っこ紐がちょっと苦手です。

抱っこ自体もそんなに好きではなく、抱っこし続けて飽きてくると「おろして~」と言わんばかりにジタバタ始めます(汗)

抱っこ紐は、縛り付けられているのが苦しいのか、動きたいのか、お尻や太ももに力が掛かって痛いのか??抱っこ紐を使うとグズグズする頻度が高め。

 

そんな時、抱っこ紐で抱っこしているのにも関わらず、「抱っこして!」の無理難題な要求も…。

仕方がないので、抱っこ紐とチビちゃんの体の隙間に両手を入れて、お尻を支えてあげると少し落ち着いてくれます。

 

 

と、ここまで、さもチビちゃんの要求がわかりきっているかのような物言いをしてしまいましたが、何もかもが私の勝手な想像です(笑)

 

お世話の中で出てくる基本的な「おっぱい」、「抱っこ」、「おむつ替え」等は、ベビーサインを教えてみても良いかな~と、軽い気持ちで試しに「おっぱい」を教えることにしました。

 

姉は甥っ子に、「「おっぱい」だけは教えたよ~」と言っていました。

 

ベビーサインの「おっぱい」は、グーパーグーパ―をするだけの簡単なジェスチャーです。

「おっぱい飲もうね」「おっぱいだよ~」と言いながらグーパーグーパーしていると、2、3日でこのジェスチャーを見ると、例の笑い声をあげるようになりました!

(もしかしたら、もう言葉を覚えてるのかも知れませんが…)

 

まだ、チビちゃんからジェスチャーで伝えてきた事は無いのですが、グーパー自体は上手にできるので、いずれ催促する時にしてくれるんじゃないかなぁ~と期待しています。

 

 

コミュニケーションが少しずつとれるようになってきて、育児がとても楽しくなりました。

サインが出来るようになると、ママとチビちゃんの生活がさらに楽しくなるのでは??と思います。

 

 

ベビーサイン、興味がある方はトライしてみてはいかがでしょうか??

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

※この内容はすべて個人の体験によるものです。

初めての歯ブラシ!

生後4か月に入ったころから生え始めた乳歯。

 

5か月になった今ではしっかり伸び、チビちゃんがニコッと笑うと、下の歯茎にちょこんと白い歯が行儀よく並んでいるのが見え隠れします。

いや~、その姿がとても可愛らしくて◎

 

ところがその可愛らしさとは裏腹に、切れ味を試したいのか、色々なものをカミカミ…

おもちゃに離乳食のスプーンや食器、ビニール袋やタオル、お布団まで手に届くものは何でもカミカミしています。

そして…ママの指やおっぱいも例外ではありません(泣)痛いってば!!

 

授乳の終わりごろ、チビちゃんが寝ぼけている時や遊び出した時にカミカミするので、「ぎゃぁっ!」と太い声が出るほど驚きます…私の顔を覗き込んだチビちゃんはニヤって笑っていることも。

ま~悪ガキ様に育ちそうです。

 

 

乳歯が生えたので、始めなくちゃいけないのが歯磨きです。

乳歯は永久歯よりも薄いうえに、エナメル質が未熟で、虫歯になりやすいのだそうです。

 

乳歯が虫歯にならないようにするためには、歯磨き習慣は欠かせません!

 

かくいう私も、妊娠中に受けた歯科検診のあと、歯肉炎や親知らずの虫歯のケアのため34週までみっちり歯医者さんのお世話になりました…(汗)

 

konoyubimama.hatenablog.com

 

 

年末に保健センターでの育児相談会に参加した際、

「生え始めの頃の乳歯のお手入れはまずガーゼで優しく擦るようにしてください」

と言われました。

 

ですが、ザツな私にとってはガーゼでのお手入れは少し手間に感じてしまい…

いきなりチビちゃんに歯ブラシを持たせてしまいました!(笑)

 

使っている歯ブラシは、「HAMICO」というシリーズで、対象年齢は生後5か月から3歳ごろ。

歯科医が開発に携わっているらしいこの歯ブラシは、赤ちゃんの「なんでも口に入れたがる」特性を上手く利用して、歯磨き習慣をつけてしまおう!というもので、握る部分はラト(おもちゃのにぎにぎ)のようになっています。

歯ブラシというよりは、ラトに歯ブラシがくっついているような感じです。

 

チビちゃんに動物柄の「HAMICO」を渡すと、速やかに歯ブラシ部分を口に突っ込み、カミカミし始めました(笑)

そりゃ、そこに歯ブラシついてたら気になって口に入れちゃうよねぇ~

 

チビちゃんにとってはお気に入りのおもちゃの一つとなったようで、食後に「HAMICO」を渡すとしばらく遊んでいます。

 

慣れてきたら、しばらく遊ばせたあと、「HAMICO」をチビちゃんから借りて、仕上げの歯磨きをサササっとしておしまいです(まだ2本しか生えていないので)。

 

さらに先日、ドラッグストアでピジョンの赤ちゃん用フッ素コート剤(泡ででるタイプ)を購入。

フッ素コート剤はすすぐ必要が無い(すすがない方が良い)ので、これを歯ブラシにちょこっとだけ付けています。

 

味はキシリトールの爽やかなスッとする甘さなのですが、チビちゃんは特に嫌がる気配も見せずに、歯ブラシを口に入れて遊んでくれます。

 

 

チビちゃんの離乳食が終わった後はまず、お茶を飲ませ、口の中に残った食べものを流します。

そのあと、フッ素コート剤を少しだけ付けた歯ブラシで遊んでもらっている間に私は急いで食事を済ませ、最後に仕上げ磨きをして終了です!

 

ズボラな私でもこれなら毎食無理なく続けられるので、しばらくこの方法で様子を見ようと思います。

 

 

乳歯が生えて、歯磨きの手間が増えるのは大変ですが、赤ちゃんにも楽しく協力してもらいながら、歯磨き習慣をつけて良いければ良いなぁ、と思います!

 

 

 

読んでくださりありがとうございました!

※この内容はすべて個人の体験によるものです。